【会話】バスに乗ります(搭乘巴士)

バスにります

陳志明(父):Googleのだとたしかこのあたりにバスていがあるはずなんだが・・・。

林麗華(母):あっ!あった!あった!

陳柏睿(弟):わっ!いっぱいならんでる!

陳志明(父):ほんとだ!

バスてい

陳美玲(姉):なんばんのバス?

陳志明(父):えーと、せんそうき・・・「うえ26ばん」のバス!

       「うえ26ばん」のバスにって、あさくさ2ちょうりるみたいだね。

バスをちます

陳柏睿(弟):なかなかバスないねぇ。

陳美玲(姉):まだたばっかりじゃない!

陳志明(父):ははっ!ながしだね!

バスがます

陳柏睿(弟):あっ!た!

林麗華(母):ちゃんとじゅんばんりなさいよ!

陳柏睿(弟):はーい!

バスにります

陳柏睿(弟):わっ!ギューギューめだ!

林麗華(母):ほんとすっごいひと

アナウンス :リュックとうにおちいただき、まわりのおきゃくさまつうこうとうのごめいわくにならないようごきょうりょくねがいます。おおきなキャリーバッグとうとびらすみき、りのさまたげにならないようおねがいいたします。

陳美玲(姉):はくえい!リュックはまえかかえて!

陳柏睿(弟):うん、わかった。

リュックをまえかかえます。

陳柏睿(弟):ちゃんとりれるかなぁ。

陳志明(父):「あさくさ2ちょう」っていうアナウンスがあったら「ていしゃボタン」をしてくれる?

陳柏睿(弟):えっ?どこにあるの?

陳志明(父):ほら!そこのあかいボタン!

陳柏睿(弟):あっ!あったあった!OK!

林麗華(母):せんそうまでいくらだっけ!

陳志明(父):ICカードだから、りるとき、タッチするだけでOKだよ!

林麗華(母):あっ!そうだった!ICカードったんだった!

       ICカードだとりがほんと便べんよね!

陳志明(父):うん、そうだね。

アナウンス :つぎていしゃえきは「あさくさ2ちょう」です。

陳志明(父):あっ!つぎだ!はくえいていしゃボタンをして!

陳柏睿(弟):もうしたよ!

陳志明(父):センキュー!

バスをります

陳美玲(姉):きょはバスがすぐにてラッキーだったね!

陳柏睿(弟):ぜんぜんラッキーじゃないよ!

陳美玲(姉):えっ?なんで?

陳柏睿(弟):だってバスにってすぐにとなりひとあしまれちゃったし・・・。

陳美玲(姉):あ?そうなの?それはさいあくだったね。ははっ。

陳柏睿(弟):わらいごとじゃないよ!めっちゃいたかったんだから!

陳美玲(姉):ごめんごめん!

搭乘電車

志明(爸爸):根據谷歌地圖,這附近應該有巴士站・・・。

麗華(媽媽):啊!看到了!

柏睿(弟弟):哇!好多人在排隊耶!

志明(爸爸):真的!

在巴士站

美玲(姊姊):幾號巴士?

志明(爸爸):嗯・・・,前往淺草寺・・・搭乘「上26號」巴士!

       搭乘「上26號」巴士後, 在淺草二丁目下車。

等巴士

柏睿(弟弟):巴士怎麼還沒來。

美玲(姊姊):我們才剛到呢!

志明(爸爸):哈哈!等待很漫長!

巴士來了

柏睿(弟弟):啊!來了!

麗華(媽媽):好好排隊上車!

柏睿(弟弟):好的!

搭乘巴士

柏睿(弟弟):哇!好擠!

麗華(媽媽):真的好多人!

【巴士廣播】:後背包請用手拿著,不要妨礙到其他的乘客,謝謝您的合作。確保不會妨礙其他人上下車。

美玲(姊姊):柏睿!後背包抱在前面!

柏睿(弟弟):好的,知道了。

將後背包抱在胸前

柏睿(弟弟):能下得了車嗎?

志明(爸爸):廣播「淺草二丁目」的話,你就按「下車鈴」好嗎?

柏睿(弟弟):嗯?按鈕在哪裡?

志明(爸爸):你看!那邊的紅色按鈕!

柏睿(弟弟):啊!看到了!OK!

林麗華(母):去淺草寺要多少錢?

志明(爸爸):因為用IC卡,下車的時候刷一下就可以了!

林麗華(母):啊!對喔!買了IC卡!

       刷IC卡上下車真是太方便了!

志明(爸爸):是啊,沒錯。

【巴士廣播】:下一站是淺草二丁目

志明(爸爸):啊!下一站!柏睿!按下車鈴吧!

柏睿(弟弟):己經按了!

志明(爸爸):謝謝!

下車

美玲(姊姊):今天巴士很快就來了,真幸運!

柏睿(弟弟):哪有,一點也不!

美玲(姊姊):嗯?為什麼?

柏睿(弟弟):因為,剛上車,腳就被旁邊的人踩了・・・。

美玲(姊姊):啊?是嗎?真倒楣。哈哈。

柏睿(弟弟):別笑了!很痛耶!

美玲(姊姊):抱歉抱歉!

タイトルとURLをコピーしました