【文法】謙譲語(謙譲語Ⅰ)&丁重語(謙譲語Ⅱ)

けんじょうけんじょうⅠ)とていちょうけんじょうⅡ)】

けんじょうけんじょういち)」は、ぶんしんこうへりくだってひょうげんすることで「だいなかの人」にけいあらわし、「ていちょうけんじょう)」は、ぶんしんこうへりくだってひょうげんすることで「」にけいあらわします。

「謙譲語(謙譲語Ⅰ)」是以貶低自身的行為,對話題中的人」表示敬意,「丁重語(謙譲語Ⅱ)」是以貶低自身的行為,對「聽話的人」表示敬意。

文型:とくべつけんじょうけんじょういち)&とくべつていちょうけんじょう

例)けんじょうけんじょうⅠ)「うかがいます」「いただきます」「はいけんします」「おにかかります」とう

例)ていちょうけんじょう)「まいります」「もうします」「おります」「ぞんじます」「いたします」とう

文型:+動詞ます形〈〇〇〉+します

例)「おきします」「おみします」「おちします」「おはなしします」「おけします」とう

どうますけい〈〇ます〉のどうはこのかたちつくれません。

 如果動詞ます形是〈〇ます〉的話,無法使用此句型。

例)「します」「しますとう

文型:+三類動詞名詞部分+します

例)「ごかくにんします」「ごほうもんします」「ごしゅっちょうします」「ごていあんします」「ごきょうりょくします」とう

がいらいはこのかたちつくれません。

 外來語無法使用此句型。

例)「ごコピーします」「ごメモしますとう

參考:大家的日本語〈第50課〉

タイトルとURLをコピーしました